ソフト闇金

[悪質ヤミ金の手口]押し貸しの原因と対策

更新日:

悪質なヤミ金は、相手の意思に関わらず強引な貸付を行います。

押し貸しとは

押し貸しは、古くから使われている悪質ヤミ金の貸付方法です。相手の合意が得られていないにも関わらず、勝手に口座に振り込みをして、利息をつけて返済をするように求めます。

しかし、ヤミ金もランダムに振り込みをしているわけではありません。以下のような経験がある人は注意が必要です。

  • ヤミ金を利用したことがある人
  • ヤミ金や類似する業者に申し込みしたことがある人

押し貸しの被害にあってしまう最大の原因は、口座番号や個人情報をその手の業者に握られているからです。しかも大抵の場合、自ら口座番号や個人情報を教えてしまっているはずです。

ヤミ金を利用したことがある人は、口座番号や個人情報をとうぜん伝えています。その中でも、気の弱い人や、それなりの返済実績がある人は特に狙われる可能性があります。返済実績があるので押し貸ししても、しっかりと返済をすると思っているようです。

また、悪質なヤミ金や怪しい業者とは知らずに申し込みをしてしまった場合も、押し貸しの被害にあうかもしれません。

申し込む前の段階(勧誘やホームページなど)では正規の業者を装い、良いことしか言わないので普通の人は騙されてしまいます。審査に必要と言われれば、ついつい口座番号も伝えてしまうものです。

同じヤミ金でも押し貸しをしないヤミ金は、条件の説明をし合意を得てから口座番号を聞いてきます。条件の説明をする前から、根掘り葉掘り聞いてくる業者は、悪質なヤミ金の可能性が非常に高いです。

押し貸しの対処法

押し貸しされた場合は、元金分(振り込み金額)だけを返済しても意味がありません。返済用の口座も、返済日の当日にしか教えてくれないため、利息をつけて返せとヤミ金は言ってきます。では、押し貸しの被害にあってしまった場合はどのように対応すればいいのでしょうか?

無視

無視をする場合は、会社や家族にも迷惑をかけてしまいます。請求や嫌がらせが、しばらく続くのを覚悟して臨むべきです。

弁護士や司法書士に依頼する

弁護士や司法書士に依頼するのも選択肢の一つです。有料になってしまいますが、元金分のみの和解やゼロ和解で交渉してくれます。しかし、請求や嫌がらせが必ず治るとも限りません。

警察に相談する

警察に相談した場合は、警告の電話を入れてくれますが、引きさがる業者も少ないため根本的な解決には至りません。

自分で交渉する

個人的にオススメなのが、自分で交渉することです。なぜなら、どこに相談しようが請求や嫌がらせが治るとは限らないからです。

-ソフト闇金

Copyright© ヤミ金借りたいけん , 2020 AllRights Reserved.