悪質ヤミ金の手口

[悪質ヤミ金の手口]携帯電話買い取り詐欺

更新日:

悪質ヤミ金の手口の一つとして、融資の希望者に携帯電話を契約させる買い取り詐欺があります。限りなく詐欺に近いこの手口は、どのように行われているのでしょうか?

携帯電話買い取り詐欺とは

携帯電話買い取り詐欺は、iPhoneやiPadなどの高額な携帯端末が普及したことにより生まれた手口です。最初から携帯買取の業者をうたっているわけではなく、正規の貸金業者を装い集客を行っています。

被害にあってしまう大半の人が、ブラックや総量規制などの理由から大手消費者金融での借り入れができません。そのため、勧誘やサイトなどを通じて申し込みをしてきた人に対し、信用情報が汚れているなどの理由をつけ、今のままでは通常の融資は難しいようなことを匂わせてきます。

しかし携帯を契約すれば信用情報が回復するなどと言い、携帯端末を複数契約するように促します。この時、高値で買い取ってくれる買い取り業者を紹介されたり(もちろんグルです)、基本使用料や解約金は業者が負担するようなことを言い、損はしないと言葉たくみに契約するように仕向けてきます。

言い回しは業者により異なるため、この限りではありません。しかし、携帯買い取り詐欺の業者は、最終的に携帯端末の契約をさせ送るように指示してきます。どんなに信用できそうでも絶対に送ってはいけません。送っても融資が実行されることはありえません。むしろ、1度送ってしまうと、適当な理由をつけ、別の携帯会社でも複数契約するように促してきます。

携帯電話買い取り詐欺の対処方法

携帯電話買い取り詐欺にあってしまった場合に、どのように対応すればいいのでしょうか?

申し込んでしまった場合

申し込みをしてしまった場合は、嫌がらせやキャンセル料の請求をされる可能性があります。こちらがあまり乗り気でなかったり断るようなことを言うと、態度を一変させ恫喝してきます。しかし取り立てとは違い、嫌がらせもしつこくはされません。会社や伝えてしまった連絡先には電話が行くかもしれませんが、脅しに屈してはいけません。

契約してしまった場合

契約だけしてしまった場合は、絶対に送ってはいけません。お金が用意できたなどの利用をつけて断りましょう。嫌がらせやキャンセル料の請求は受けると思いますが、勇気をふり絞ってください。

送ってしまった場合

送ってしまった場合は、あなたが罪に問われる可能性があります。他人に渡すことを目的として携帯を契約した場合は、携帯電話不正利用防止法や詐欺罪に問われるかもしれません。

実際に、この手の被害にあってしまい警察に相談すると、本人の使用目的以外で契約しているため、携帯会社からだまし取ったということになり調書を取られたケースも報告されています。

自分一人で警察や携帯会社と話すのが不安な方は、この手の相談に強い弁護士や司法書士などに依頼し解決しましょう。

 

-悪質ヤミ金の手口

Copyright© ヤミ金借りたいけん , 2020 AllRights Reserved.